公開日:

平成30年度 主任児童委員セミナー開催報告

平成30年11月9日(金)、「彩の国すこやかプラザ」セミナーホールにて開催しました。

本セミナーは、埼玉県内の各市町村主任児童委員代表、又は副代表、及び市町村民児協において「発達障害」に関わりのある委員、又は児童部会長等105名が参加し、開催されました。

 

【 開 会 】

008

主催者挨拶

埼玉県民児協 会長  大 谷 富 夫 氏

 

014

委員長挨拶

埼玉県民児協 主任児童委員会 委員長  大 場 玲 子 氏

 

 

【 講 義 】

「発達障害の理解を深める―地域での関わり方―」

040
講 師 

埼玉県発達障害福祉協会副会長

社会福祉法人みぬま福祉会

総合施設長  松 本  哲 氏

 

【 グループ討議 】 

「地域での継続した関わり方や見守り方について
             ―どのような対応が考えられますか?―」

グループ討議の課題提起となる、発達障害に関わる3つの事例の発表後、その先の支援方法について討議を行いました。
045
◇ 事例① ◇

「障害を認めない母親との関わり方や今後の支援方法について」
埼玉県民児協 主任児童委員会 副委員長  香 川 京 子 氏

◇ 事例② ◇

「子育てサロンにおいて、障害に気がついた母親への声かけや今後の支援方法について」
埼玉県民児協 主任児童委員会 委員  白 石 和歌子 氏

◇ 事例③ ◇
「発達障害の他にも課題を抱えている世帯との関わり方と、支援へのつなぎ方について」
埼玉県民児協 主任児童委員会 委員  小 川 和 子 氏

 

【 グループ発表 】

各地域の活動について情報交換をしながらグループ討議が行われ、さまざまな意見を発表していただきました。
040

◇ 発表内容 ◇
・観察してその子の良いところを見つけて、母親に伝えて不安を取り除く。
・母親の相談相手になれるように、きっかけをつくり、コミュニケーションをとる。
・関係機関・団体につないだ後、日頃の活動の中で見守りをして、孤独にしない。等

 

【 まとめ 】 

093
講師の松本氏より、全体のまとめをしていただきました。

 

【 閉 会 】 

093閉会挨拶
埼玉県民児協 主任児童委員会 副委員長  香 川 京 子 氏

 

093埼玉県民児協 主任児童委員会

 

主催) 一般財団法人埼玉県民生委員・児童委員協議会

後援) 社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会

セミナー開催にご協力いただき、ありがとうございました。

 

★ セミナーの内容につきましては、「埼玉県民児協だより№159号(平成31年1月1日)」に掲載予定です。