suro-gann gazou

公開日:

これからの民生委員・児童委員活動に関するスローガンが決まりました!

民生委員制度創設100周年記念 全国民生委員児童委員大会において示されました。

全国民生委員児童委員連合会において、民生委員制度創設100周年を記念し、これからの民生委員・児童委員活動に関する新たなスローガンを決定しました。
このスローガンは、制度創設100周年を迎え、さらなる活動の充実をめざし、今日の地域社会の状況や課題、「地域共生社会」の構築に代表される社会福祉の動向等を踏まえ、全国の民生委員・児童委員および民生委員児童委員協議会関係者が共通して掲げるものとして決定したものです。

新スローガン

「支えあう 住みよい社会 地域から」

       (提案者 大阪市鶴見区民生委員児童委員協議会)

 

全国の関係者から寄せられた4,600を超える応募作のなかで、地域共生社会づくりにもつながる人々の支え合い、また民生委員・児童委員が活動するそれぞれの地域の取り組みが広がり、つながっていくなかで、安心・安全に暮らすことができる社会が実現できるという、地域での取り組みの大切さをあらためて意識しようという点から、本作品が選考されました。

 

【普及に向けて】

広報誌や発行物等にこのスローガンを掲載するなど、広く普及にご協力いただきますようお願いいたします。

 

※ スローガンの使用について ※

スローガンの著作権は全国民生委員児童委員連合会に帰属します。ただし、これは、全国の都道府県・指定都市・市区町村(単位)民児協が、民生委員・児童委員活動の普及のために使用することを妨げるものではなく、自由にお使いいただくことが可能です(ただし、スローガンを改編することはおやめください)。

 

  • これかわの民生委員・児童委員活動に関するスローガンについて